事業資金に使えるローンについて

社長業をしているとお金に困ることを経験する機会が少なからずあります。

 

特に会社を立ち上げてすぐのころは事業が上手く行ってもいかなくても資金不足になることが多く、悩んでいる同業者が多いと聞いています。

 

そんな時にはお金を借りて何とか乗り切るしかないのですが、取引のある銀行等の
金融機関が気持ちよく融資をしてくれなければすぐにでも窮地に陥ってしまうことも珍しくありませんでした。

 

幸い銀行などの金融機関とは良好な取引を行っていましたが、それでも緊急の資金需要に対応してもらうのは厳しいことが多かったのを覚えています。

 

そのような時に助けとなったのがビジネスローンと呼ばれる金融商品でした。

 

ビジネスローンは個人で言うところのカードローンなどのキャッシングサービスのようなもので、
借りたお金を様々な事業資金に充当数rことが出来ることになっています。

 

個人向けのカードローンなども用途を問わないのが特徴となっている金融商品ですが、
事業資金として利用することは出来ないことになっていました。

 

その点でビジネスローンは事業資金目的で気軽にお金を借りることが出来ましたので、
いざという時の助けとして非常に役立つ場面が多かったです。

事業資金をローンで借りる

長年の夢だったカフェと小物を売る自分のお店を始めるために、ローンを組んで事業資金を集めました。

 

親しい人にもお金を借りたのですが、それだけでは自分の店舗を持つのは難しかったからです。
しばらく儲けが出ないことはわかっていたので、生計を立てるための費用としても使えるビジネスローンを利用しました。

 

お金を借りるのは銀行というイメージが強かったのですが、私の場合信販会社から借りました。

 

年収の3分の1以内しか借りられないという総量規制がなかったからです。

 

会社勤めをやめてしまっていたので、年収規制があるとほとんど借りられないですし、
審査に通りやすいというイメージから信販会社を選びました。

 

事業計画や資金計画は念のためきちんと準備しておきました

 

人柄も見られると聞いていたので、きちんとスーツに身を包むなど身なりも整えました。
仕入れ先もチェックされたのには驚きましたが、あらゆる資料を用意しておいたのでまず問題なかったです。

 

数字は間違わないよう何度も見直してきっちり計算しておきました。

 

そんな地道な努力が功を征したのか、無事にローンを組むことができました。
独立してからまだ日も浅いですが、ローン返済のためにも頑張って行こうと思います。

銀行から事業資金を借りる手続きをしました

私は食料品を主に扱っている商店を経営しているのですが、最近運営をするための資金が足りなくなっていました。

 

売上自体はそれほど悪くなかったのですけど、一時的にお金が大きく減ってしまい対応が必要でした。
それで銀行に頼んでお金を借りようとしたのですけど、事業資金はあまり借りる機会がなかったので不安でした。

 

それで知り合いに頼んで、そのようなことに詳しいところに相談をすることになりました。

 

私が紹介されたのは隣町にある会計事務所で、知り合いがよく利用しているところでした。
その会計事務所で色々なことについて話し合ったのですが、銀行からお金を借りる時は準備が必要だといわれました。

 

特に事業計画がしっかりしていないと難しいといわれたので、その事務所の人と一緒に事業計画の書類を作りました。

 

書類は数日で作ることができたので、それを持って会計事務所の人と一緒に銀行まで行きました
事前に連絡をしていたので中に通されて色々な話し合いをしたのですが、思ったよりもすんなり話が通りました。

 

どうやら事業計画の書類が信頼されたらしく、今まで借金をしていなかったことも評価されているようでした。

 

そういう形で今は事業資金を借りることができたので、お金が減って困っていた問題は解消できました。